野球する心

 どうやら明日、明後日の練習は大丈夫そうですね、もっとも明日は不安定な天候という予報も出てますので心配はあるのですが。

     さてテニスの世界では有名なテニスプレーヤーの心構えを説いた格言、

「この一球は絶対無二の一球なり 
       されば身心を挙げて一打すべし
    この一球一打に技を磨き体力を鍛え
       精神力を養うべきなり
    この一打に今の自己を発揮すべし
       これを庭球する心という」

 というものがあります。これは簡単に言えば、「今の一球というのは二度とありません、だから一球、一球を心をこめて大切にしましょう」ということです。これをテニスだけの話にしてはもったいない、例えば一打の後に、一捕、一投を入れて読んでみてください。

この一球は絶対無二の一球なり
       されば身心を挙げて一打、一捕、一投すべし
    ・・・・・・・・これを野球する心という」

 になりますね!皆さんはどうでしょう?

 キャッチボールの時、一球、一球を大切にしてますか?

 フリーの時、シートの時に安易な気持ちで「もう一球お願いします!」を連発していませんか?

 明日の練習からは「この一球を大切にする」という心構えで練習に臨んでくださいね!

 それは「集中する」ということにつながる重要なことだからです。

 そしてこれは野球だけではありませんよ、普段の生活でも同じことです、

 皆さんが当たり前のように生きている今日という一日は、昨日、不治の病や突然の事故や災害で亡くなられた方たちが痛切に生きたかった明日なんだ

 ということを忘れないでくださいね!